年月を経て見たい不動産の流れ

いい不動産を見つけるには下見が肝心

不動産はパッと見ただけでは解らないところがあります。特に家に関しては内情がどうなってるかというのが、建ってしまっては解らない状態になってます。なので、家を購入するのであれば、更地の状態からみておくほうがいいですね。そして、基礎を流し込んでどんどん建っていく様子を、逐一見るようにすると、大工さんもちょっと緊張して建ててくれると思います。やっぱり、内情が解らないと不安になることは多いですね。基礎の場合やあとは、水回りというものが重要になってきます。住んでから、壁に水がしみ込んでいくという現象を体験した人もいます。

原因はお風呂から流れる水道管のところが外れていて、水が家じゅうに回ってしまってクロスが全部浮いてきたというものです。これは外からでは解らないです。確認はしていたと思うのですが、そういった事も起きたりするので、建ってる最中からよく確認しておくと、ちょっと気を引きしめて大工の人も作ってくれるのではと思います。後の対処も重要ですが、何もないの越したことはないです。やっぱり、作ってるときからずっと見て行くほうがいいですね。記録に残るように写真を撮ってみるとかそういうのもいいのではと思います。

おすすめ情報