年月を経て見たい不動産の流れ

不動産の賃借における法律上の権利

不動産には様々な法律があります。特に住まいとしての不動産には所有者がいたり、貸主がいたり、借主がいたりしますので、法律できちんと権利関係を定めています。借主と貸主の利害は必ずしも一致しませんので、法律で定めておかないと争いの原因になるからです。住まいとしの不動産においては、住んでいる人が厚く保護されています。住む場所がなくなると困るので、貸主有利には定められていません。しかしこれは賃貸借の場合であって、無償で住んでいる場合には当てはまりません。居住形態がどのような法律に保護されているか、知っておくべきだと思います。

たとえば賃料を払って賃貸不動産に住んでいる場合、約束通りの賃料を払っている限り、借主の本意でなく契約を解除されることはほとんどありません。近隣に著しく迷惑をかけている場合などは例外ですが、その場合でも借主が退去を拒否すれば、法的に退去させることは簡単ではありません。借地借家法によって守られているからです。しかし使用賃借といって、無償で誰かが住まいを貸しているような場合には、貸主が退去を要求すれば、借主は退去しなければなりません。タダで住んでいる場合はそれほど手厚く守られないということです。但しかなり長期間にわたって無償で住んでいる場合には居住権という権利が発生する場合もあります。

おすすめ情報