年月を経て見たい不動産の流れ

年金よりも安定生活を得る不動産

給料は減る一方であるのに年金の掛け金は下がらない状態で苦しくなっています。それが自分の老後を支えてくれると思い支払ってきた昔と違い、将来自分のためになるどころか、給付年齢は先に先にと伸び、金額は好くなるばかりです。世の中を見ても、老齢化は加速していますから、これが良い方向に向かわないことが明確である以上、自分の老後は自分で何とかするしかありません。そのため、今の内に不動産投資をしておき、定年の頃には、購入した不動産のローンも終了し、まるまる利益を得ることができる状態にしておくという、マンション経営や駐車場経営などが確実性と安定性があり、人気が上昇中で、私の同僚も何人か行っています。

不動産に投資をして利益を得るということが人気であるのは、実績のある仲介業者があり、ダイレクトに経営参画をしないで済むということもあります。素人が不動産を用いてマネージメントを行うのは無理がありますし、何十年先間でも設計をすることができません。優良なパートナーがあってこそのものです。老後すぐの全額利益を得るためには、逆算して、30才を過ぎたら始めるのが良いということになります。優良なパートナーに出会えれば、少しでも早く投資した方が良いと思います。老後の安定だけでなく、色んなメリットもあるからです。

おすすめ情報