年月を経て見たい不動産の流れ

不動産物件を貸す場合

不動産は宝ですよね。しかし時には不動産で頭を悩ませることがあります。例えば転勤や、海外赴任など様々な理由で、不動産である自分の家を長期留守にしなければならない場合があります。また自分の親が亡くなり、親が住んでいた持家が空き家になる場合もあります。長い間人が住まないとなると、家はどんどん傷んできますよね。そんな時に、誰かに住んでもらおう。と考えるかもしれません。そのような時にはどんな点に注意すればいいのでしょうか?

色んな事を考慮できますが、いつからいつまで住んでもらうか?ということを明確にしましょう。例えば、将来住む予定がなく貸し続けるつもりなら、通常の賃貸借契約(普通借家契約)そして、いずれ自分が戻って住むつもりなら、契約の終了が確実な定期建物賃貸借契約(定期借家契約)も選択肢となるでしょう。また、住む予定がない場合は賃貸ではなく、売却のほうが適切な場合もあるかもしれません。この点を明確にするためには、専門家を仲介立てて、契約書を結ぶのはふさわしいことかもしれませんね。いずれにしても、不動産は宝ですので、貸す場合も、売る場合も慎重に色んな事を考慮に入れて後々、後悔のないようにしたいですね。